02/07/2006

キビ刈り援農塾、12年で閉塾

南島詩人平田大一が主宰する『キビ刈り援農塾』、
転じて『農場倶楽部』は通算12年を迎えたとの話しだけど、
Blog『大一が行く』によると今年にて終了。

お疲れさまでした。沖縄本島に生活拠点を移しながらも
生り島に通ってよく続けたねと拍手を送りたい。

何を隠そう、ボクはキビ刈り援農塾の第1期生なのだ。
その当時のことを知らない人のために書くけど、
援農塾をはじめたとき、彼の話を受けて参加したのは
マスコミ関係者、ミュージシャン、ある若者と私の
僅か数名でした。

ほとんどの人は本気にしなかったのかもしれない。
キビ刈りのために島に行くこと、それもアルバイトではなく。
大一はあきらめずに声をかけ続け、そして今日がある。

しばらく会ってないけど、また何か一緒にやりたいな。
おやすみなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)